睡眠障害ガイドブック
睡眠障害ガイドブック

子供に多い睡眠障害

女性に多い睡眠障害

働き盛りに多い睡眠障害

女性に多い睡眠障害

女性の体は月経や妊娠・出産、閉経を通して大きなホルモン変化にさらされています。それに伴って、睡眠も変調をきたしやすいのです。そこで、今回は女性の睡眠障害に注目してみました!

睡眠と女性ホルモンの関係

睡眠と女性ホルモンの関係思春期になると女性ホルモンの分泌が急激に高まり、20〜30歳代でピークを迎え、その後40歳を過ぎたあたりから卵巣の退化とともに卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が著しく低下します。

また、月経周期や妊娠・出産などの女性のライフイベントにおいても女性ホルモンの分泌量はめまぐるしく変化します。

このように女性ホルモンの分泌が周期的および年齢によって変化する女性の場合、男性に比べて睡眠障害が起こりやすいのです。月経や妊娠・出産、更年期に伴う睡眠障害はまさに女性特有の症状といえます。

女性が注意すべき睡眠障害

女性の性周期は「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という2つの女性ホルモンによってコントロールされていて、これらは眠気の抑制や促進など「睡眠中枢」にも大きな影響を及ぼします。

月経随伴睡眠障害

女性ホルモンの中でも、排卵〜月経直前にかけて盛んに分泌される「黄体ホルモン」は睡眠の質を悪化させることがわかっています。つまり、月経直前は睡眠時間が変わらなくても、深い睡眠の割合が減ってウトウトした浅い睡眠状態となっているのです。

月経前になると日中の眠気や不眠、頭痛、イライラなど心身の不調を訴える女性は少なくありません。これは女性ホルモンの変化と睡眠の関係が大きな原因といえるでしょう。

ただし、これらの症状は一時的なものであって、通常であれば月経開始〜2、3日後には落ち着いてきます。病気ではないので、精神的なリラックスを心がけてうまく乗り切るようにしましょう。

更年期随伴睡眠障害

40歳代後半〜50歳代前半には閉経を迎える人も多く、その後は「卵胞ホルモン」の分泌が著しく減少します。この前後数年間を「更年期」といい、この時期に入るとのぼせやほてり、めまい、肩こり、不眠などのいわゆる「更年期障害」と呼ばれるさまざまな心身の不定愁訴を訴える人も少なくありません。

ある調査によると、更年期障害の患者さんはのぼせやほてり、発汗などの症状とともに「入眠障害」や「中途覚醒」といった睡眠に関する症状も高頻度に現れることがわかっています。

また、睡眠障害と身体症状は互いに作用し合うことが多く、身体症状が強いと睡眠障害も強くあらわれる傾向にあり、逆に睡眠障害が改善すると身体症状もそれに伴って和らいでくることが多いようです。

更年期は一時的なもので、永遠に続くわけではありません。症状が辛いときはあまり我慢せず、専門医を受診しましょう。十分な睡眠がとれるようになると、更年期症状そのものが改善されていくことも多いようです。

妊娠随伴睡眠障害

妊娠初期は「黄体ホルモン」が大量に分泌されるため、強い眠気に襲われます。中盤には比較的安定してきますが、後期になるにつれ今度は眠り難くなることも。これは子宮の増大や収縮、胎動、頻尿、腰痛などが原因です。

出産間近〜産後にかけては睡眠が途切れがちになり、不眠に悩まされます。新生児は生体リズムができていないため、睡眠と覚醒のリズムが安定するまで(生後2ヶ月くらい)はどうしても母親の睡眠も不規則になりがち。

また、この時期は慣れない子育てと睡眠不足が重なり「マタニティブルー」や「産褥期うつ病」にかかる危険性が増します。周囲に協力してもらって母親の負担を軽減し、心のケアに努めましょう。

睡眠不足の解消と生体リズムの障害予防に有効なのは、授乳や昼寝を計画的にとること。そうすることで睡眠不足が解消されるだけでなく、赤ちゃんへの愛情も増すようです。

ページのトップへ
目次

目覚まし時計