睡眠障害ガイドブック
睡眠障害ガイドブック

睡眠障害とは

睡眠障害の原因

睡眠障害の症状

睡眠障害の検査と診断

睡眠障害の治療

睡眠障害の検査と診断

寝付けない、夜中や早朝に目が覚める、熟睡感がない、日中強い眠気に襲われる・・・などの症状はありませんか?睡眠障害は影に大きな病気が隠れていたり、過度の眠気から大きな事故を招いたりと、生活に与える影響は想像以上に大きなものです。適切な治療を行えば睡眠が改善されるだけでなく、生活の質も向上するので、睡眠に対してわずかでも悩みを抱えている人は早めに病院へ受診したほうがいいいです。

睡眠障害は何科を受診すればいいの?

睡眠障害は何科を受診すればいいの?何をやっても「眠れない」「眠すぎる」「熟睡感が得られない」となれば、これはもう病院へ行くほかありません。

総合病院などの大きな病院では精神科や精神神経科、心療内科などが専門の診療科となっています。また、精神科へ行くのは気が重い・・・という人は、まずかかりつけの医師に相談してみるといいでしょう。

生活上のアドバイスが受けられるほか、必要に応じて睡眠薬を処方してもらうこともできます。ただし、思うように症状が改善されない場合には専門医のいる病院を紹介してもらってください。 

ページのトップへ

睡眠障害の診断方法

睡眠障害の診断では、まず睡眠状況や生活環境に関する念入りな問診が行われます。自分の状態にあった適切なアドバイスや治療を受けるためには、睡眠に関する基礎知識を持ち、自らの症状を的確にきちんと伝えることが大切です。

そのため、病院を受診する際は自らの睡眠状況を確認し、メモなどに整理しておくといいでしょう。また、就寝や起床時間を記した「睡眠日誌」もあると便利です。

睡眠状況や生活環境に関する問診

睡眠の状況 1. いつ頃から眠れなくなったか?
2. その心当たりとなる原因はあるか?
3. 眠るまでにどのくらいの時間がかかるか?
4. 不眠以外の症状があるか?
睡眠のタイプ 1. 寝付くまでに時間がかかるか?
2. 夜中にトイレなどで何度も目が覚めるか?
3. 2の後すぐに眠れるか?
4. 朝、やたらと早く目が覚めるか?
5. よく寝たという熟睡感があるか?
その他 1. 日中に何か運動をしているか?
2. 家に閉じこもってばかりいないか?
3. いびきを指摘されたことはないか?
4. 呼吸が止まっていると指摘されたことはないか?
5. 脚をピクピクさせることはないか?
6. 元気はあるか?

睡眠障害の原因を探る問診

身体的要因 腫瘍や心疾患、消化器疾患、発熱などはないか?
生理学的要因 時差ボケや交代勤務、昼夜逆転などはないか?
心理学的要因 精神的ショックやストレス、生活上の不安などはないか?
精神医学的要因 統合失調症や不安性障害、アルコール依存症、抑うつなどはないか?
薬理学的要因 薬やカフェイン、飲酒、喫煙などの摂取状況は?
ページのトップへ

どんな検査をするの?

心電図疑われる病気によって異なりますが、睡眠そのものに異常があると考えられる場合には「ポリグラフ検査」を行います。

これはさまざまな装置をつけて一晩眠り、睡眠時の脳波や心電図、眼球運動、あごや下肢などの筋電図に加え、必要に応じて呼吸運動や換気の様子、いびきなども記録する検査です。

この検査を行えば、睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害などの診断も正確に行うことができます。ただし、特殊な機械を要するため検査が受けられる医療機関は限られています。

自分の通っている、または受診しようとしている病院ではこの検査が受けられるのか・・・事前にきちんと確認しておきましょう!

ページのトップへ

1人で悩まないで!

眠れない日が続くと「また今夜も眠れないのでは」と不安になり、「早く眠らなくちゃ」と思えば思うほど目が冴えてしまう・・・これは多くの人が経験しています。

一過性で終わるはずだった不眠が慢性化し、睡眠障害(不眠症)となるのにはこのような「不眠恐怖」があるのです。しかし、病院を受診して不眠について相談するだけでもその恐怖心は和らぐもの。

眠れないことを1人でクヨクヨ悩むのは、睡眠障害を克服するうえで最もよくありません。その心配する気持ちそのものが不眠を悪化させるだけでなく、心身に悪影響を与えてしまうからです。睡眠障害かな・・・と思ったら1人で悩まず、まずは病院を受診してみてください!

ページのトップへ
目次

目覚まし時計